編集日記

2021年もよろしくお願いします!編集部員の年始所信表明!!

新年あけましておめでとうございます!

2020年は新型コロナウイルスが猛威をふるい、みな経験したことのない世界が突然訪れました。公私ともに新たな環境への適応が求められた1年間でした。まだ収束には時間がかかりそうですが、力を合わせて前向きに進んでいければと思っています。

そんな中、デジマイズムは先日の記事でもお伝えしたとおり、みなさまの応援のおかげで昨年12月23日に1周年を迎え、2年目に入りました。そこで今回は、新年の決意表明を兼ねて、編集部員たちが1年の振り返りと2年目の意気込みをお伝えしたいと思います!

普段はどの編集部員が書いているのかあまり意識しないと思いますが、記事の裏にある編集部員それぞれの想いを見ていただくことで、デジマイズムの読み応えも少し変わってくれば、と思います。

編集長の校閲ほぼなし?のリアルな声をぜひお聞きください!

まずは、次世代ポイント・会員管理ソリューション「CAFIS Explorer」のマーケティング活動にも取り組んでいる、末永さんです。

CAFIS Explorer

「”自分たちが伝えたいこと”と”読み手が知りたいこと”のバランスをとって”わかりやすく”伝える」、まさにマーケティングコミュニケーションの本質ですね。下記のプロフィールだとこれまで6記事を担当となっていますが、他の編集部員のサポートもたくさんしてもらっています。

末永さんの担当記事は、こちらをご覧ください!

テキストは⾃動で⽣成されます

続いて、リアル店舗のデジタルトランスフォーメーションをめざし、当社発の新規サービス企画に取り組む土屋さんです。

デジタルトランスフォーメーション

貢献はこれから、と言いつつ昨年後半はデジマイズムを大きく支えてくれた土屋さん。忙しい中でも社内外のさまざまなデジタルマーケティングトレンドを追いかけつつ、記事を執筆しています!

土屋さん担当記事はこちらです!

テキストは⾃動で⽣成されます

3人目は、LINEを活用したマーケティングサービスの開発に取り組んでいる高原さんです。

LINEビジネス

セミナーレポートやサービス体験記事から、テレワークの運動不足に関する記事まで、幅広く執筆している高原さん。今回もデジマイズムの頭文字であいうえお作文してくれるなど、クリエイティブな一面を感じますね。(編集長レビュー恐れてたんですね……。)

高原さんの担当記事は、こちらになります!

テキストは⾃動で⽣成されます

次は、最近Salesforce Marketing Cloudを軸としたカスタマーサクセス支援に取り組んでいる名取さん。

カスタマーサクセス

本人コメントの通り、インタビュー記事を数多く担当してもらいました。インタビュー前に取材対象の予習だけでなく、そこから自分の仮説や意見も用意するなど、常にリアリティのある記事づくりに取り組んでくれています!

名取さんの担当記事は、こちらをご覧ください!

テキストは⾃動で⽣成されます

続いて5人目。CAFIS Explorerのソリューション開発に携わる田中さんです!

CAFIS Explorer

田中さんも昨年後半のデジマイズムを支えてくれた一人。本業はソリューション開発ですが、インタビュー記事の楽しさにめざめ、次もインタビュー記事をやりたい!とのこと。たまにある思いがけない空耳が微笑ましいです。

田中さん担当記事はこちらです!

テキストは⾃動で⽣成されます

6人目は浅野さん。BtoCのWebサービスを提供するお客さま企業のスマホアプリ開発を担当する忙しい日々のかたわら、編集部活動に参加してくれています。

スマホアプリ開発

今年前半は社内の取り組みを発信する記事を複数執筆、その後デジマイズム編集部Twitterの運用を担っています。最近ツイート上ではあまり登場していませんが、SNS活用のさまざまな作戦立案の担い手です!

浅野さんの担当記事は、こちらになります!

テキストは⾃動で⽣成されます

7人目は夏さん。編集部最年少でみんなからは「なっちゃん」と呼ばれていますが、Twitterデータの分析・活用を専門としているのでデータ分析スキルは編集部随一です。

Twitter 分析

参加理由はデジマイズムのデータ分析をしたい!とのことでしたが、せっかくなので自分で書いた記事の分析をしたほうが面白い、ということで記事の企画・執筆にも参加してくれています。人気の連載「Twitter全量データで調べてみた」シリーズもサポートしています!

夏ちゃんの担当記事はこちらです!

テキストは⾃動で⽣成されます

ラストは昨年10月から編集部員に参加した樋口さん。普段は土屋さんと同様、当社発の新規サービス企画に取り組んでいます。

新規サービス企画

デジマイズムの読者であり、BtoBマーケティングにも関心が高かった樋口さん。実はすでに記事の一部を執筆してもらうなど、着実に編集部員としての経験を積んでいます。今後の記事にご期待ください!

編集部員たちの2年目の意気込み、いかがでしたでしょうか。(たまたま女性の編集部員ばかりになったのは、男性部員がシャイだったせいか……全くの仕込み無しです。)今後は編集部員のキャラクターも感じながら、記事を楽しんでいただければ幸いです。

2021年になって2年目に突入したデジマイズム、今年はさらに、読者のみなさまのお悩み解決メディアとなるべく、記事の充実に加えてUI/UXのアップデートにも取り組んでいく予定です。2021年のデジマイズムも、引き続きよろしくお願い致します!!

この記事はお役に立ちましたか?
WHAT’S NEW

新着記事を探す

RANKING

ランキングから記事を探す

KEYWORD

キーワードから記事を探す